りんごの皮は栄養が豊富!この食べ方なら子供も気に入ってくれる

皮の近くは果肉よりも栄養素があると知りりんごの皮も食べるように

皮の近くは果肉よりも栄養素があると知りりんごの皮も食べるように : りんごは生活習慣病予防など様々な効果を期待できる : りんごは高血圧予防にも良く摂取していたら数値に影響が

昔は食物アレルギーを持つ人など聞いたことがなかった、現代では様々な食物アレルギーを持つ人もいるといわれており、食べてアレルギー反応が生じると呼吸困難となり手当が遅れると死に至ることもあるなど、このような人は食生活がとても大変なのではないだろうかなど考えることも少なくありません。
加工品のパッケージには、食物アレルギーに関することが記載してあり、小麦粉や大豆、リンゴなどいろいろなものがあることがわかります。
ところで、自分はりんごの皮を食べることが多いのですが、これはりんごの皮には果肉以上に様々な栄養がたまっているからです。

ヒルナンデスの腸活特集みてから毎日皮付きのりんご食べるようにしてる🍎あきらかに便秘がマシになった‼️あと肋骨の下と骨盤の上らへんの腸もみもめっちゃ効く

— あず (@m2312164) May 14, 2021
普通、リンゴを食べるときには皮をむいてから半分にカットして、カットしたものを半分に切り中心の種や芯がある部分を取り除くのが一般的な食べ方です。
お弁当などにリンゴを入れるときには、皮をむかずにウサギの形にして入れるお母さんも多いかと思われますが、果肉は空気に触れると酸化しやすいなどからもレモン汁に浸したものを入れると変色を予防することができます。
皮の近くには、果肉よりも多くの食物繊維やビタミンCなどの栄養が豊富に詰まっている、このようなことをネットの中で見てからはりんごの皮を食べるようになりました。